塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

色選びのコツ?

2019.10.01 (Tue) 更新

【松本市、塩尻市、安曇野市】屋根、外壁塗装の株式会社ダイソーの深澤です!(^^)

本日はカラーコーディネーターの深澤です(^^)

一度決めて色を決めて塗装しますと最低でも10年〜15年はその色の外観になりますから、失敗はしたくないですよね?

汚れが目立たなくてお家の雰囲気に合った色選びのコツをお伝えします!

汚れが目立ちにくい外壁の色は淡い色の「中間色」です。
中間色とは一般的にグレー、ベージュやミントグリーンといった淡い色のことを言います。
外壁の汚れは淡い中間色です。汚れで外壁が黒ずんでも真っ黒な汚れではありません。
汚れの色と似ている中間色を外壁の色に選ぶことで汚れが目立ちにくくなるのです。
例えばグレーでも幅が広いのですが、黒ではなく白に近いグレーといった、より汚れの色に近い淡い色を選ぶのが良いしょう。
塗料の性能として汚れがつきにくくなる機能がついた塗料を使用する、というのもひとつの手ですが、選ぶ色によって解決されることもあります。
逆に汚れが目立ちやすい色は白や黒、原色といったはっきりしている色になります。
なかでも一番汚れが目立つのはやはり白い外壁です。これらは中間色の汚れとの色の差が大きくより目立ちやすいということになります。
白でしたら真っ白ではなく、少しベージュがかった白をおすすめします。
あくまでも目立ちにくいということで外壁が汚れないわけではないので、汚れが目立ちにくい色の外壁にしたいとお考えの方は、コントラストがはっきりしている色は避けた方が良いでしょう汚れが目立ちにくい外壁の色は淡い色の「中間色」です。

中間色とは一般的にグレー、ベージュやミントグリーンといった淡い色のことを言います。
外壁の汚れは淡い中間色です。汚れで外壁が黒ずんでも真っ黒な汚れではありません。
汚れの色と似ている中間色を外壁の色に選ぶことで汚れが目立ちにくくなるのです。
例えばグレーでも幅が広いのですが、黒ではなく白に近いグレーといった、より汚れの色に近い淡い色を選ぶのが良いしょう。
塗料の性能として汚れがつきにくくなる機能がついた塗料を使用する、というのもひとつの手ですが、選ぶ色によって解決されることもあります。
逆に汚れが目立ちやすい色は白や黒、原色といったはっきりしている色になります。
なかでも一番汚れが目立つのはやはり白い外壁です。これらは中間色の汚れとの色の差が大きくより目立ちやすいということになります。
白でしたら真っ白ではなく、少しベージュがかった白をおすすめします。
あくまでも目立ちにくいということで外壁が汚れないわけではないので、汚れが目立ちにくい色の外壁にしたいとお考えの方は、コントラストがはっきりしている色は避けた方が良いでしょう。

そして色見本で選ぶのは見た感じよりワントーン抑えめの色にしましょう!

全体的に面積が広い外壁塗装で気をつけたいですよね

屋根塗装の場合、勾配にもよりますが

あまり見えないようでしたら、やはり中間色をオススメします断然色褪せ、焼けの劣化がゆっくりになります。

景観に合わせて色選びも素敵ですね〜

来週は塗料の種類をお伝えできたらなぁ〜と思っています!

【長野県松本市、塩尻市、安曇野市】

屋根塗装、外壁塗装で選ばれている株式会社ダイソーの深澤でした!