塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

塗装は防水工事

2019.09.19 (Thu) 更新

建物壁には、主にモルタル、コンクリート、サイディングなどの素材が使われており、車や船には鉄、家具などには木材が多く使われています。

これらのどの素材も水に弱く、塗装で防水保護をしないと錆や腐食などを起こし物自体の寿命を大きく縮めてしまいます。

もし、車や船などに塗装をせずに雨や水がかかると錆が出てきますし、木に塗装をせずに雨に濡れたままにしておけば内部に湿気が溜まった状態となり腐食していきます。

家の寿命を縮める大きな原因は、雨、水、湿気です。

防水効果がなければ、木部は腐れたり、きしんだり、鉄部が錆たりと様々なところが劣化していきます。

このように、水は非常に物を劣化させる力があるため、キッチン、バス、洗面所などの水回りや屋根、外壁のように雨で濡れる場所が1番に傷んでいきます。

建物の寿命をのばすためには、外部の防水効果を高めて内部への湿気の侵入を防がなくてはならないのです。

皆様の大切なお家に防水効果を(^^)

お家のことならダイソーにお任せ下さい!

              深澤 ちはるでした(^。^)